インターホンの取り付けなら専門業者にお任せ|防犯対策をはじめよう

コンテンツ一覧

自分で付け替えを行う場合

ドア

付け替えの注意点

新しいインターホンに自分で取り付けを行う場合にいくつか注意があります。最優先されるのは取り付け位置の電源です。通常のコンセントで接続が可能なタイプは自分でも交換作業ができます。その際に取り付け位置から離れている場合は、延長ケーブルやそのケーブルを通す位置、固定個所などをチェックしておく必要があります。交換を行う際は、必ず電源が切れていることを確認してから作業を行いましょう。またそれほど複雑ではありませんが、配線の付け替え作業が別途発生することがありますので元のいんインターホンの説明証などから基本構造は把握しておきましょう。壁の中から電源を取っている電源直結式のインターホンの場合は取り付けの際に感電の恐れがあるため電気工事士資格を保有するものでないと作業が行えません。マンションのオートロックなどに連結しているタイプのインターホンも同様に専門業者でないと取り扱いができません。最近のおすすめのインターホンとしてよく目に映るのがセキュリティー機能付きのものになりますが、こちらも窓やドアなどのセンサーがあるだけでなくスマートフォンとの連動ができるよう通信機器が内蔵されているものもあるため一般の人はむやみに扱わない方が無難です。セキュリティー機能付きのインターホンは個人宅よりも集合住宅で取り付けられているケースが多くもしも個人的にの場合は管理人さんへの照会が必ず必要となりますので注意してください。

RECOMMEND POST

玄関

種類の変更などができます

インターホン工事は新たなインターホンの取り付けや、修理が目的で利用されます。特にケーブルが直接電源に繋がっている場合は、安全に点検をするためにも業者に工事を依頼するのがオススメです。インターホン工事は時間が掛かることがあるので自分の予定を確認し、余裕のある時間帯を指定することが重要です。

婦人

賃貸住宅でも取り付け可能

多機能化が進んでいるインターホンは配線工事が必要となることが多く、賃貸住宅では取り付けることが出来ない場合もあります。しかし、中には工事不要で取り付けることが出来るインターホンもあります。こういったインターホンはただ価格が安いだけではなく、工事費用も不要なので結果として激安となっているのです。

ドア

自分で付け替えを行う場合

インターホンの取り付けはコンセント式のものであれば、基本的な配線の付け替えによって自分でも交換作業を行うことができますが、壁に配線や電源が内蔵されているタイプや、セキュリティー機能付きのなど他の機能が連動しているようなタイプは専門業者への依頼が必要となります。

インターホン

住環境の管理について

インターホンの取り替えを行う際には、専門業者による配線工事が必要です。ただし、最近ではコードレスタイプも登場しています。自分で簡単に取り付けられる製品も登場しているため、工事費をかけずに取り替えることも可能です。業者に依頼する前に、複数の業者に見積もりを申し込んでおくと比較ができます。